ブライダルローンとは?審査の甘い銀行と一括返済のコツ

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れはNGですしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数の金融業者から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道が限定されていることで金利を低くした目的別ローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1 050万円必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

楽天銀行では目的型ローンでブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に気を付けることは楽天銀行の融資額は1人あたり500万円までと決められていることです。

そのため、ブライダルローンを申し込んだ時点で、既に楽天スーパーローンで300万円の借金があるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

参考:http://www.man-find.com/

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

消費者金融のカードローンなら30日程の無利息期間が設定されているので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンの借入が結婚式の御祝儀で賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では賄いきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合、ほとんどの人が住宅ローンを組むことになると思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンを組む際の頭金は多いほど良いとされていますが物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

例えば、2000万円の物件を購入する場合には、頭金は400万円から600万円ということですのでとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利でローンを組むことができるのです。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚に必要な費用は挙式や披露宴のほかにも新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらずすべては用途が自由なフリーローンになります。

消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%でブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

また、ブライダルローンは数百万円単位で借入可能に対し消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数100回、支払期間は8年3か月という計算になりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

そうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

オリコが提供するブライダルローンはブライダルプランというサービス名で申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入制限や雇用形態などの条件は特に注視されていないようです。

返済期間は6か月から最長で84か月あり、申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はまずは、キャッシングの借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資を受けることができますが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。