大手で安心の審査が通りやすいおまとめローンは?どの銀行がおすすめ?

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなくみずほ銀行の借り換えローンというサービス名で東京スター銀行おまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・みずほ銀行の借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

メリットばかりが強調される東京スター銀行おまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが東京スター銀行おまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済しなければいけない総額はおまとめする前より増えてしまうのです。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、東京スター銀行おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

東京スター銀行おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら他社借入の多い多重債務者でも歓迎してくれると思います。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンやみずほ銀行の借り換えローンがありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

東京スター銀行おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行とアコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりもみずほ銀行の借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、アコムやアイフルなどの消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は東京スター銀行おまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、東京スター銀行おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と東京スター銀行おまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが東京スター銀行おまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

参考: